未分類

now browsing by category

 

八丈島の自然を体感する

六日ヶ原(黒砂)に

行こう!

 


八丈島は火山の島です。20万年前から噴火を繰り返しながら今の島のかたちになっています。 噴火の跡も島のあちこちで見られますが、ここ六日ヶ原、通称黒砂は、黒いスコリア(焼灰)の堆積と抜けるような青い空、そして黒潮の海の色のコントラストが見事なまさに絶景を楽しんでいただけます。 北西に八重根と八丈小島、北に三原山、南東に乙千代ヶ浜とその先に小岩戸ヶ鼻、そして南には、遠く青ヶ島をみながら地球の丸みを感じる眺望、大パノラマをおたのしみください。
所要時間は、約1時間30分です。
  2007 秋 号
八丈島の自然を体感する

緑輝の山と海に遊ぶ

硫黄沼と唐滝に

行こう!


八丈島は水の豊かな島です。それゆえ保水力のある三原山には川も滝も沼もあります。年間を通して涸れることのない島の最大の滝が「唐滝」で36メートルの落差。そこに至る道すがらは、森林浴と野鳥のさえずりを聞きながら、ときより開ける視界は三原山の山裾と太平洋の絶景、そしてきれいな緑の水を蓄える「硫黄沼」。 なんとも贅沢なトレッキングを楽しんでみませんか。

所要時間は、約2時間30分の道のりです。

 2007 GW号
緑輝の山と海に遊ぶ

ポットホールで植物や自然とたわむれよう

ポットホールに

行こう!

 


長い年月を重ね、硬度の違う岩と岩達が水の流れの力を借りて少しずつ川底を削り取ってポットホールを作りました。自然の造形美を、清流の音を、周りの緑に溶け込んだ景観を是非おもいでにしてください。 ポットホールを巡る遊歩道も整備されており、しばしこの見事な自然の造形美を楽しんだ後は、末吉に抜けられる道や反対に三原山山頂に続く道もあり、季節季節の植生や鳥のさえずりも存分におたのしみいただけます。
所要時間は、約2時間半です。 レンタカーご利用の場合には、さらに容易に行くことができます。
 2010 夏号
ポットホールに行こう!

八丈島の花と遊ぼう!

八丈島の花と遊ぼう!
八丈押し花
体験
 
八丈島は、花卉園芸のとても盛んな島です。
この島の園芸農家の方たちの栽培技術の高さは、国内のみならず広く世界でも有名です。
そのような園芸農家の作品である八丈の花を贅沢に使ってのフラワーデザインや押し花の体験は如何ですか?
定員:午前・午後 各20名様迄

申込:直接電話してください

えこ・あぐりまーと

申込電話番号:04996-7-1808

「八丈押し花体験」
受付

期間:通年
場所:中之郷フラワーセンター/えこ・あぐりまーと
時間:約2時間
お一人様
¥3,000円程度

八丈島の島酒

八丈島の焼酎

八丈焼酎の歴史は流罪された薩摩出身の丹宗庄右衛門爺の教えから始まり、150年を経過したに過ぎない歴史です。本格焼酎の製造免許は九州以外では伊豆七島だけが持つ免許です。「温故知新」しっかりと個性のある島の味として造り続けていきたいものです。
【磯崎酒造株式会社】 代表取締役 磯崎 正幸

現在、島の中には焼酎を酒造している工場が5カ所あり、見学や試飲が可能なところもあります。種類もいろいろとあるのでちょっと立ち寄って、自分にあった焼酎を探してみるのも楽しいですよ。

また、大賀郷の護神山(町役場近く)には「島酒之碑」があります。昭和42年に観光協会と八丈島酒造組合が、焼酎の製法を伝えた丹宗庄右衛門の功績を讃えて建てたものです。焼酎好きの方は是非足を運んでみて下さい。

八丈島の島酒

原料素材の多様さでは他に類を見ない蒸留酒・焼酎、そのルーツは古代エジプトとか。日本へは東南アジアから琉球・奄美大島を経て、また一方では中国・朝鮮から薩摩に伝わり、その土地の原料素材・風土にあった酒ができたとされます。
ここ八丈島にその技術が伝えられたのは今から約150年前、薩摩藩の密貿易の罪を負い流されてきた丹宗庄右衛門(1854~)がその技法を伝授したものです。

その時節、八丈島では度重なる飢饉の対策として穀類を備蓄するために禁酒令が出されていましたが甘藷(さつまいも)は保存が難しいためにこれが原料となる焼酎にしました。
以来、ここ八丈島を起点として他の伊豆諸島や各地に焼酎製法の技術が広がり今に至ったもので、特に各島々に定着した焼酎を「島酒」と呼びます。
島酒はやはりその島の食べ物と一緒に味わうのが一番、島のおつまみを一緒にお土産にされてみては如何でしょうか。きっと爽やかな味わいを永くお楽しみいただける事でしょう。

八丈島のうまい水

島酒 を引き立てる八丈島のうまい水

焼酎は飲み方も多種多様。
先ずはストレート、これは度数の高いもの風味の濃いものを冷やし、じっくりと味わう所謂「通」好みの飲み方でしょうか。

次は、お湯割り、本場九州では、お湯を先に4 分注ぎ、焼酎を後から6 分注ぎ足す飲み方が最もうまいとされています。

さらに水割り、焼酎はかなり薄くても風味はしっかり残り、しかも爽やか。そして焼酎を氷の上に注ぎ、冷えたころあいでグイッといただくロック。加えて、梅干やレモン、島名物のカブツ( ダイダイ) の果汁を絞り、、、、とその日の気分で、その日の銘柄を選び、その日の肴でと、飲み方も色々工夫できる焼酎ですがそれでもやはり「旨い」の決め手は島酒そのものと「水」ですね。

ここ八丈は天然水がとても美味しい。その水で作ったロックと島の肴ともども美味い島酒をさらに引き立てます。 存分に味わってください。

【八丈島の美味しい水汲み場】
鴨川林道の水源・・鴨川林道水道施設より沢に下りる。この号で紹介しているバードウォッチング地図を参照して下さい。

横嶺山薬師堂・・・大賀郷小学校前にあるガソリンスタンド脇の細い道を入って行く。

焼酎の効能‐明日への活力

1559 年の落書きが鹿児島県大口市の郡山八幡神社の 天井裏で発見されています。

この神社の修理をした宮大 工 2 名の落書きでそれによると「施工主はケチで、改 修工事の最中一度も焼酎をふるまってくれなかった」と 不満を言っています。

既にその頃から、焼酎は一般市民の間で広く飲まれて いたことを示す貴重な資料です。

適度に飲めば昔も今も 変わりなく明日への活力の源となる焼酎、それゆえに永 く愛されてきた友です。

【焼酎をあらかじめ軟水 ( 八丈島のお水 ) で割り、 これを 1 日~5 日ほど冷蔵庫に寝かして飲む、ある いは遠火で 45 度 C 位までゆっくり暖めて飲む。こ の飲み方が一番とされています。

是非、試してみて は如何でしょうか ?

ちなみに、蒸留酒をお湯で割るの飲み方は世界を見渡しても焼酎だけのようですよ。

 

八丈島の焼酎-効能その1-

この島には、5件の焼酎造り酒屋さんがあり、銘柄・種類も沢山ありますがその全てがいわゆる「本格焼酎」です。乙類焼酎とも呼ばれるこの焼酎にはとてもありがたい効能があります。

かつて長寿世界一の故・泉重千代さんは毎晩焼酎2合の晩酌を欠かさなかったことも良く知られています。

焼酎は、血液サラサラ効果を高める酵素「プラスミノーゲン」を含み同じ効能があるといわれる赤ワインより更に1・5倍の効果が確認されています。

焼酎独特の匂いを嗅ぐことで、あるいは飲むことで血液中にこの酵素を取り込み、働きを活性化し血栓の原因物質をきれいにするもので、さらに焼酎の肴は、栄養価の高いものが多く、それとの相乗効果が自然と健康体を造ることになっているのかも知れません。

焼酎以外のお酒にもこの酵素はありますが効能は「本格焼酎」が一番です。 是非、八丈島のお肴と一緒にお試しあれ。

八丈島の焼酎 -効能その2-

八丈島の焼酎はとても美味しい。その上、心筋梗塞、脳梗塞などの病気原因物質の血栓を溶かす作用もあるのです。

血栓の予防効果がある酵素はウロキナーゼで、本格焼酎(乙類)はこの酵素の分泌を増やす効果がとても高いといわれています。 しかも焼酎のそれは、血管内にできてしまった血栓も溶かす効果が確認されていて、赤ワインやその他の酒類には無い効果といわれています。焼酎を飲む人のウロキナーゼ分泌量は飲まない人の2倍以上とか。この成分、実は焼酎のアルコール以外の香りや旨味に含まれている、ということはお酒の苦手な方は、香りを楽しむことだけでも得られますよ。

【焼酎豆知識】 芋焼酎と麦焼酎の仕込みの時期はいつごろ? 出題:樫立酒造(株)

焼酎の仕込みは原料の収穫時期に合わせます。芋焼酎は、本場九州では芋のとれる8月末ぐらいから仕込みをする蔵が多く、芋は堀出すと傷み易いのでこの時期です。一方、麦焼酎は、日本酒と同じ、およそ12月頃から仕込みをする蔵が多いようです。
ここ八丈島は、芋の収穫期が遅く、12月ごろ。 蔵を見学される時には、香りを楽しむのと同時に仕込みの時期も聞いてみてください。

焼酎の割り水軟水?硬水?

焼酎は、いろいろな飲み方、つまり飲む人の「好み」の方法で楽しめる酒です。

酒の原料に合わせて、ストレート・お湯割り・ロック・水割りと様々ですが、更にこの「好み」を決めるのには、割り水が「硬水」「軟水」かが大きく作用します。
一般的には、料理やお茶を入れるための水は、「軟水」がよいとされています。

これは、水に含まれるミネラル分が少ないほど味に影響を与えないためで、焼酎の割り水もやはり「軟水」が良いといわれるのも同じことです。 しかし、「硬水」で割ることで逆に水と焼酎が馴じみにくくなり、そのもののキレやコクを楽しめるという左党も。 やはり、自分の「好み」を見つけるには、銘柄を探すことはもとより、割り水の種類や飲み方もいろいろ試すことでしょうか。

八丈島の水は軟水、島酒との相性もとても良いです。 存分に試してみてください。

熟成5年麦焼酎  黄八丈

八丈島の真夏の夜の不思議な森と植物

ここでは、「るんるんガイド」でとりあげた八丈島の自然体験記事あるいはお勧めトレッキング・コースを紹介します。
八丈島におこしの節は、参考にされて自然が一杯の島の空気を是非体感ください。
お勧めポイント  ご紹介ポイント概要 紹介記事へリンク
夜の森

光るキノコの森探検


八丈島では、今まで9種類の光るキノコが確認されています。夜の森でこのキノコたちを見ると不思議の世界に来たように感じます。是非、その体験を思い出にしてください。
その様子は当サイトの 記事にリンク(右欄)していますので、どうぞ覗いてください。
今年からは、植物公園のビロウ林に「光るキノコ 観察の森*が関係者の努力で完成し、
午後8時より930分までは、自由に見学・観察することが可能となりました。植物園正面駐車場に午後8時集合 ボランティア案内人付きの無料サービスです。

      お問合せ:八丈ビジターセンター  ??0499624811 

注!! 2009年までの運行した無料バスは、終了しております。

 2010 夏 号
真夏の夜の不思議な森
 2009 夏 号
夏の夜の不思議
 2007 夏 号
光るきのこの森へ
 2006 盛夏号
夜の散策ガイド

       

 

八丈富士初登山と新緑のみどり

八丈富士を

歩こう!

 

伊豆七島の最高峰、八丈富士。 標高854メートルの頂からは360度すべてが太平洋の水平線です。 6合目にある富士登山口から1280段の階段を遠く水平線や眼下の八丈空港滑走路、そして対面する三原山の様子やまわりの植生を楽しみながら約1時間で三角点に到達です。 更に火口の縁を巡る「お鉢めぐり」や火口内に降りての「浅間神社参り」が楽しめます。 お鉢めぐりは、約60分、浅間神社往復は、火口の縁から約30分です。

新年の初登山の様子を右欄からご覧ください。

注意!! 真夏は日影がないので非情に暑いです。 十分に対策を。

 2007 新春号
八丈富士新春初登山
 

 

八丈島ジュラ紀の森と植物

ジュラ紀の

への誘い


亜熱帯性の高温多雨がもたらすこの島の植生。
古生代のジュラ紀に栄えたシダ植物の森を彷彿とさせるような森がこの島にあります。
皆さまもその森を訪れて、沢山の、そして四季折々の鳥たちと一緒に思い出深い時間をすごしましょう。
その様子は当サイトの 記事にリンク(右欄)していますので、どうぞ覗いてください。
  2010 緑輝号
ジュラ紀の森Part-?V
 2009 緑輝号
ジュラ紀の森Part‐?U
  2007 緑輝号
ジュラ紀の森への誘
 

 

島酒のおいしい飲み方 その3

焼酎は、醸造元が我子を育てるが如くに丹精こめて造りだしたもの。それをいただく私たちは、そのうまさを最大限に引き出して味わってあげることこそ感謝のしるしといえましょう。

さて、その飲み方の一つは、「お湯割り」よくロクヨンつまり焼酎6割お湯4割が良いとされ、25度の焼酎であれば飲みごろの15度になります。香りが引き立つ「芋」の飲み方の定番です。

次は「ロック」、大きめの氷に注ぐと初めは焼酎のストレートな味わい、時間が経つにつれて水割り感覚も楽しむことができます。

最後は「水割り」、これは、冷やした水を先に、そしてギンギンに冷やした焼酎を注ぐことで、グラス内に対流が起こり、かき混ぜなくともおいしくいただけます。

それぞれの島酒にそれぞれの飲み方、どうぞご自分に合った飲み方を探して醸造元に感謝いたしましょう。

【島の水で割った島酒が最高と信じている酒好き】

磯崎酒造

磯崎酒造 大漁
ハナタレはうまい!

ハナタレというと「はなたれ小僧」を思い浮かべる方は、結構シニアの方でしょうか。
昨今は、このような子供達はあまり見かけなくなりました。

ところで、この言葉を聞いて溢れでる「よだれ」を思わず拭く方は、焼酎通に間違いありません。この世界では「初垂れ」と書いてハナタレといい、これは焼酎つくりの終盤の過程、つまり醪(もろみ)を蒸留する際に最初に「たれ口」からでる焼酎液のことです。

このハナタレ、アルコール度数は70度もあり、しかも焼酎の旨み成分にとみ、香りも豊か。全体の2~3%程度しかとれず、大変貴重なものです。

飲み方は、アルコール度数が高いので冷凍庫に入れても凍りませんのでギンギンに冷やしてそのままチビチビとやるのが一番。  ちなみにハナタレの次は「中垂れ(ナカタレ)」最後は「末垂れ(スエタレ)」ですが、度数もだんだん低くなります。

島にいくつかある醸造元では工場見学も可能です。 この「ハナタレ」のお話も聞いてみてはいかがでしょうか?                   【昔ハナタレ小僧】

 花酵母焼酎話

焼酎本「焼酎楽園」(金羊社)のVol.31の表紙に百花繚乱とある。

この花の季節に、花をめでながら焼酎を味わうおすすめかとおもって読み進むととても興味深い特集でしたので紹介いたしましょう。

焼酎にかぎらず酒のかぐわしい風味をうみだす立役者は微生物の麹菌と酵母。酵母は、ブドウ糖アルコール炭酸ガスに分解する、つまり、太陽と大地の恩恵から得た農作物から酒を醸し出す大切な役割を担っている。 その酵母が、サクラ、カトレア、バラ、ボタン、ツツジ、月下美人、ナデシコ、ひまわり、コスモス、菊、、、、、四季を通じたいろいろな花々から発見されてその分離に成功し、それが清酒造り、焼酎造りに用いられ「花酵母焼酎」「花酵母清酒」となっているという。

四季の花をめでながら、酒を飲むという風習は実に日本人の心であり、優雅で美しい。【百花繚乱】が酒飲みの世界に通じていることも実にうれしい。ここ八丈島は、花の島。いつの日か島の花の酵母で造られた酒を味わう日がくることを楽しみに。

【花見宴好きの酒飲み】


磯崎酒造 磯娘三升カメと
「島酒の碑」4合カメ
 ニワトリと卵

「丹宗庄右ヱ門」この島に「焼酎」の造り方をもたらしたお方で、この島の左党にとっては、大の恩人・神様同様のお方である。

薩摩藩の抜け荷の罪を一身に背負い流されてきたのは、嘉永6(1854)年のことで、特にその頃は「穀物」のできが悪く、それを原料にする酒造りは全面禁止であったし、もちろん飲むこともできないので不満がくすぶっていた。 一方、穀物ではない焼酎の原料である「さつまいも」は、日持ちが悪く、腐りが出てしまうという悩みがあった。そこで、これを「焼酎」に造り、いわゆる有効利用して形をかえて保存したのである。その結果、山仕事や農作業など人手を要する仕事があると、そこでふるまわれ、大いに活気が戻って仕事がはかどったということである。

「酎を飲むために仕事をする!」はたまた「仕事をするために酎をのむ?」どちらにせよ「酎」は「飲む」のが良い(酔い)のである。

「卵が先か鶏が先か、常に悩む酒飲み」

島酒の碑

   単式蒸留焼酎

単式蒸留焼酎-焼酎乙類

米、麦、芋などを原料として、単式蒸留器で蒸留して造る焼酎のことで、呼び名が示す通り、基本的に1回のみの蒸留のため、原料本来の風味旨み成分が生きていることが特徴で、八丈島の島酒は、ほとんどがこの焼酎である。

1    米ないしは麦のをつくる。
2 麹をタンクやカメで発酵させ(一次発酵)、もろみを作る。
3 もろみの中へ原材料を投入させ、発酵させる(二次発酵)。このとき投入した原材料が焼酎の主要原材料として表記されることになる。
4 アルコールが生成された発酵液を蒸留する。

この蒸留の際、従来は蒸留器内中を特に減圧しないで蒸留を行ってきた。この方法を常圧蒸留とよび、アルコール沸点温度が高いので原料の色々な成分が混じることにより風味豊かな蒸留液を得ることになる。 この方法に対し、蒸留時に減圧する(減圧蒸留)ことによって沸点温度を下げると油成分を含まない成分純度の高い、雑味の少ないものとなる。

これとは別に、連続蒸留器で蒸留し高純度のエタノールを得て、これに加水したものを連続蒸留焼酎または焼酎甲類と呼ぶ。

さて、飲み方は人それぞれ。 自分で旨い!と思った飲み方が一番。島のおいしいあてと一緒にお楽しみください。
【島の湧水で割った水割りが一番と思う酒好き】

© 2020: 八丈島の自然とガイド | GREEN EYE Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress