八丈島観光ポータルサイト

ここでは、「るんるんガイド」でとりあげた八丈島の自然体験記事あるいはお勧めトレッキング・コースを紹介します。
八丈島におこしの節は、参考にされて自然が一杯の島の空気を是非体感ください。

お勧めポイント  ご紹介ポイント概要 紹介記事へリンク 
夜の森

光るキノコの森探検



八丈島では、今まで9種類の光るキノコが確認されています。夜の森でこのキノコたちを見ると不思議の世界に来たように感じます。是非、その体験を思い出にしてください。
その様子は当サイトの 記事にリンク(右欄)していますので、どうぞ覗いてください。
今年からは、植物公園のビロウ林に「光るキノコ 観察の森*が関係者の努力で完成し、
 午後
8時より930分までは、自由に見学・観察することが可能となりました。


     植物園正面駐車場に午後8時集合 ボランティア案内人付きの無料サービスです。

      お問合せ:八丈ビジターセンター  0499624811 
      注!! 2009年までの運行した無料バスは、終了しております。
 2010 夏 号
真夏の夜の不思議な森
 2009 夏 号
夏の夜の不思議
 
 2007 夏 号
光るきのこの森へ 
 2006 盛夏号
夜の散策ガイド

     


ジュラ紀の

への誘い




亜熱帯性の高温多雨がもたらすこの島の植生。
古生代のジュラ紀に栄えたシダ植物の森を彷彿とさせるような森がこの島にあります。
皆さまもその森を訪れて、沢山の、そして四季折々の鳥たちと一緒に思い出深い時間をすごしましょう。

その様子は当サイトの 記事にリンク(右欄)していますので、どうぞ覗いてください。

  2010 緑輝号
ジュラ紀の森Part-V
 2009 緑輝号
ジュラ紀の森Part‐U
 
  2007 緑輝号
ジュラ紀の森への誘い



八丈富士

歩こう!



伊豆七島の最高峰、八丈富士。 標高854メートルの頂からは360度すべてが太平洋の水平線です。 6合目にある富士登山口から1280段の階段を遠く水平線や眼下の八丈空港滑走路、そして対面する三原山の様子やまわりの植生を楽しみながら約1時間で三角点に到達です。 更に火口の縁を巡る「お鉢めぐり」や火口内に降りての「浅間神社参り」が楽しめます。 お鉢めぐりは、約60分、浅間神社往復は、火口の縁から約30分です。

新年の初登山の様子を右欄からご覧ください。

注意!! 真夏は日影がないので非情に暑いです。 十分に対策を。
 2007 新春号
八丈富士新春初登山


 

硫黄沼と唐滝に

行こう!




八丈島は水の豊かな島です。それゆえ保水力のある三原山には川も滝も沼もあります。年間を通して涸れることのない島の最大の滝が「唐滝」で36メートルの落差。そこに至る道すがらは、森林浴と野鳥のさえずりを聞きながら、ときより開ける視界は三原山の山裾と太平洋の絶景、そしてきれいな緑の水を蓄える「硫黄沼」。 なんとも贅沢なトレッキングを楽しんでみませんか。

所要時間は、約2時間30分の道のりです。

 2007 GW号
緑輝の山と海に遊ぶ

 

 
六日ヶ原(黒砂)

行こう!

 


八丈島は火山の島です。20万年前から噴火を繰り返しながら今の島のかたちになっています。 噴火の跡も島のあちこちで見られますが、ここ六日ヶ原、通称黒砂は、黒いスコリア(焼灰)の堆積と抜けるような青い空、そして黒潮の海の色のコントラストが見事なまさに絶景を楽しんでいただけます。 北西に八重根と八丈小島、北に三原山、南東に乙千代ヶ浜とその先に小岩戸ヶ鼻、そして南には、遠く青ヶ島をみながら地球の丸みを感じる眺望、大パノラマをおたのしみください。


所要時間は、約1時間30分です。
  2007 秋 号
八丈島の自然を体感する


 
ポットホールに

行こう!



長い年月を重ね、硬度の違う岩と岩達が水の流れの力を借りて少しずつ川底を削り取ってポットホールを作りました。自然の造形美を、清流の音を、周りの緑に溶け込んだ景観を是非おもいでにしてください。 ポットホールを巡る遊歩道も整備されており、しばしこの見事な自然の造形美を楽しんだ後は、末吉に抜けられる道や反対に三原山山頂に続く道もあり、季節季節の植生や鳥のさえずりも存分におたのしみいただけます。


所要時間は、約2時間半です。
 レンタカーご利用の場合には、さらに容易に行くことができます。
 2010 夏号
ポットホールに行こう!



八丈島の花と遊ぼう!
八丈押し花
体験




八丈島は、花卉園芸のとても盛んな島です。
この島の園芸農家の方たちの栽培技術の高さは、国内のみならず広く世界でも有名です。
そのような園芸農家の作品である八丈の花を贅沢に使ってのフラワーデザインや押し花の体験は如何ですか?
定員:午前・午後 各20名様迄

申込:直接電話してください
えこ・あぐりまーと

申込電話番号:04996-7-1808

「八丈押し花体験」
受付
期間:通年
場所:中之郷フラワーセンター/えこ・あぐりまーと
時間:約2時間
お一人様
¥3,000円程度

(使用する材料により、変動しますのでご了解ください)


TopPage